老け顔に見られてしまうほうれい線|ゴルゴラインを見事に抹消

お肌を若返らせる治療法

女性

普段からのケアが大事

ほうれい線は誰にでもありますが、特に目立ってくるのは年齢を重ねてからです。その原因は肌の弾力が衰えるのと、顔の表情筋の衰え、そして肌の乾燥です。ほうれい線を防ぐためには、この3つに注意してケアをすることが必要です。肌の弾力というのは真皮層に含まれているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が支えているのです。これらの成分は年齢と共に減少するので、肌の弾力も衰えるのです。普段の食生活でこれらの成分が含まれている食事を取り入れるように注意すべきです。コラーゲンは鳥の手羽先、軟骨、ふかひれ、ウナギなどに多く含まれています。エラスチンも鳥の手羽先や軟骨、牛すじなどに含まれており、ヒアルロン酸も同じく鳥の手羽先や軟骨などですが、てんぐさや海ぶどうなどぬめりのある海草に多く含まれています。これらの食材を毎日食べるのも難しいので、不足する分をサプリメントなどで補うことも必要です。ほうれい線を防ぐのに最も大切なことが肌の乾燥防止です。スキンケアの時にはたっぷりと保湿をするように気をつけて、エアコンのきいた部屋では加湿器を使用したり、保湿スプレーを使うなどの工夫が必要です。またストレスが溜まると肌のターンオーバーが崩れて弾力の低下や乾燥を引き起こすので、ストレスを解消することも大事です。

ヒアルロン酸注射と高周波

できてしまったほうれい線でも、美容整形によって治療することができます。プチ整形といってメスを使わない治療法があり、ヒアルロン酸を肌に注入することでほうれい線を目立たなくすることが可能です。注入したヒアルロン酸が真皮の内側から肌を持ち上げて、ほうれい線の溝を改善することができます。この方法の特徴は短時間で施術できるという点です。また施術直後に仕上がりを確認できる即効性があります。ダウンタイムがほとんどないので、術後から普段と同じ生活がおくれます。またほうれい線だけでなく顔全体を若返らせる整形法もあります。高周波を使った治療法で、肌に照射することによってコラーゲンを強制的に作ることができます。高周波治療の特徴は真皮層まで効果が届くので、肌の弾力と艶を術後に実感することができます。また術後にすぐメイクができます。効果を持続させるためには定期的な治療が必要で、半年に1回程度のサポートをすることになります。ほうれい線の治療を受ける場合に大事なのは、実績のある美容整形外科を選ぶことです。事前に電話をして相談し、スタッフの対応の仕方で判断することができます。また治療前のカウンセリングと術後のアフターケアがしっかりしている美容整形外科を選ぶようにします。