老け顔に見られてしまうほうれい線|ゴルゴラインを見事に抹消

口元に表れるシワ

鏡を見る女性

手術しない皮膚美容

口元に表れるシワは、ほうれい線と呼ばれています。これがあると老けて見える可能性があるため、これを治したいという方が多くいます。このニーズに応えるのが美容整形です。ほうれい線の除去にはいくつかの方法があります。切開して再び縫合する外科手術や、レーザー照射などです。しかしこれらは、場合によっては入院が必要となったり、治療費も高額になりやすかったりするため注意が必要です。そこで、最近利用する方が増えているのが「プチ整形」です。これは、メスなどを使わずに皮膚を切らずに、注射などの安全で簡単な方法によって整形効果を得るものです。これは整形手術をしているわけではないのですが、結果的に整形したような美容効果が得られるのでこのように呼ばれています。注射する物質は主に二種類あります。一つ目は、保湿効果の高い粘性のある物質で、ヒアルロン酸が広く使われています。これは少量で多くの水分子を引き寄せることができる性質があり、肌の表面に塗る保湿クリームなどにも配合されています。二つ目は、シワの原因となる筋肉の収縮を抑制する弛緩剤でボトックスなどです。注入する量は、ほうれい線の深さや肌質などを踏まえて決められます。個人ごとにその量は異なるので、予め確認しておくといいでしょう。またヒアルロン酸の質も、クリニックごとに違っているので、その点も同時に質問や確認しておくようにしましょう。いまクリニックによっては、ホームページなどに使用しているヒアルロン酸について明記しているところもあります。

今後は効果の高さが必要

今後のほうれい線を除去する治療は、より効果が高いシワ取りが求められます。現在のヒアルロン酸注入では、そのシワ取り効果の持続時間が限定的であることが課題になっています。ヒアルロン酸は元々体内に存在する物質でもあり、注入によって副作用が起きないといったメリットがあるのですが、数か月程度で分解されてしまうので、定期的に注入を受ける必要があります。今後はより分解速度が非常に遅く、かつ安全で副作用の少ない物質の探索・開発が期待されます。現状では、多くの場合ほうれい線が目立つようになってからプチ整形を受けることがほとんどです。しかし、現代の皮膚医療や診断技術の進歩により、どこにほうれい線ができやすいかを事前に診断することが徐々に可能になってきています。目には見えないシワでも最先端の画像技術ではそれが可視化できます。肌年齢の診断などは、この技術を用いているのです。